システムアーキテクト事業部
PM N

システムアーキテクト(SA)事業部

技術支援Unit

社会に欠かせないミッションクリティカルなシステムの開発を数多く遂行してきたメンバーで構成された当事業部最高の技術集団となっています。

■新技術・高難易度のシステム開発への挑戦
どんどん新しい技術が生み出され、時代・技術がさらに進化していくでしょう。
ユニット名が、技術支援Unitとなっていますが、持ち合わせた技術を支援するだけではなく、
FintechやIoTといった今話題のシステム開発にも挑戦していきます。
常に時代を先取りして、当事業部の技術をリードしていきます。

■技術継承
本事業部には、「APUnit」と「基盤Unit」の2つのユニットがあり、こちらは中堅から若手メンバーで構成されています。
技術支援Unitは、これらのユニットに対して、自らの技術を継承して、次世代のリーダー・エキスパートを育成していきます。
システム開発では、様々な問題が発生します。そんな時、ベテランメンバーの長年の経験から得られた技術・知識に気軽にアクセスできます。

技術支援Unitには、常にトップを走り続けているメンバーがそろっています。
みなさんの目標となり、当事業部を支えていきます。
いきなりこのユニットに入ることはできませんが、技術支援Unitのメンバーから技術を受け継ぎ、
さまざまなシステム開発で活躍してみませんか。
そして、次のリーダー・エキスパートの育てる役割を受け継いでみてはどうでしょうか。


システムアーキテクト事業部
PM N

AP Unit

システムの根幹をアプリで支えます。

当Unitが属するSA事業部のコンセプトの一つに「設計力」があります。
良いシステムにするのも悪いシステムにするのも、設計次第です。
どんなに難しいことを知っていたとしても、それを活かす設計力が無ければ、
システムを作ることが出来ません。

APは地味かもしれません。
フロント開発のように目に見える事は少ないですし、パッと見は動いているのか
動いていないのか分からない・・・
しかし、大規模システムや社会的重要度の高いシステム、高速に大量の処理を行う
必要があるシステムなど、そういったシステムの下支えになるAPは設計次第で
システム全体を良くも悪くもします。

設計力が試される部隊です。

SA事業部は2017年7月に新たに生まれた事業部です。
そのため、これからの活動はまだまだ手探りというところがありますが、
技術力を高めていくよう、切磋琢磨していきたいと考えています。

AP Unitの長でもある当事業部のPMに対して、「厳しい」という評判が聞こえてきます。
しかしそれは、重要なシステムに携わっているからこそ、妥協をしない姿勢の表れです。
(本当はそんなに厳しくない・・はず)

システム開発に妥協せず、設計力を高めていく
「設計力」という「技術」を武器にシステムをアプリで支えるエンジニア集団
それがAP Unitです。


システムアーキテクト事業部
PM N

基盤Unit

システムの根幹を基盤から支えます。

当Unitが属するSA事業部のコンセプトの一つに「設計力」があります。
良いシステムにするのも悪いシステムにするのも、設計次第です。
どんなに難しいことを知っていたとしても、それを活かす設計力が無ければ、
システムを作ることが出来ません。

システム基盤に設計力なんか必要ないと言う人がいるかもしれません。
しかし、ソフトウェアとハードウェアを繋ぎ、サイジング、スケーラビリティ
SLA実現の為の設計は、コスト、性能、運用性、全てに繋がっています。
ここの設計次第でアプリケーションの性能が発揮できない事にも繋がります。

設計力が試される部隊です。

基盤Unitの技術的なフォローなどはPM代理が担当します。
大規模システムに多数携わってきた猛者です。

システム開発に妥協せず、設計力を高めていく
「設計力」という「技術」を武器にシステムを基盤から支えるエンジニア集団
それが基盤Unitです。

特定コアパートナー部

    ICTソリューション部